TOP > 外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度とは、新興国の人が日本の企業で働くことによって、日本の高い技術を身につけて、その国の発展を担う人を育てることを目的として、創設された国際協力の為の制度です。

来日して企業で働く中で、技術を磨き日本の製品の品質管理や製造技術を実体験として学ぶことができ、技能実習生とその母国によって、非常に有益な制度となっています。

外国人が技能実習制度を利用して日本で働く為には、日本に滞在するための在留資格となる技能実習の許可を得る必要があり、この許可を取るには受け入れる日本側の企業、送り出す国側の企業技能実習生候補者の情報など、さまざまな情報を整理して、入国管理国に申請する必要があります。
2010年までは、研修生や特定活動という在留資格で日本に滞在していましたが、現在では労働者としての滞在が可能になりました。
入国した外国人は、実習実施機関と雇用関係を結んで、実践的な能力を高める為に3年間の実習に入ります。

カンボジアの外国人研修生の最新情報をご提供します。

この制度は、日本が先進国としての役割を果たしつつ、国際社会との調和ある発展をはかるため、技能や技術、知識の開発途上国などへの移転をはかり、開発途上国の経済発展を担うための人づくりに協力することを目的としています。



必須作業は、全体の50パーセント以上とし、職種や作業ごとに別紙にあげるすべての必須作業を計画に盛り込んだり、周辺作業は全体の3分の1以下とし、還俗として職種や作業ごとに計画に盛り込むことなど、運営の基本方針が決められています。