技能実習に来日する外国人のサポート

日本ならではの卓越した技や匠の技術、守るべき伝統芸能を始め、医療や看護及び介護等、実に様々な分野で後継者問題や人材不足が指摘されています。
この解決の糸口になるか否かは未来に任せ、伝統文化や技術を継承する為、多くの外国人が技能実習に来日します。
全国の知事体で受け入れており、言葉の壁や文化の違いに戸惑いながら、懸命に取り組む姿勢に心打たれる指導者が多いと言います。


技能実習の受け入れ先によっては、1人だけでなく複数人まとめて外国人を招くケースもあります。

カンボジアの外国人研修生の情報をお知らせいたします。

この場合指導者のみならず、周囲の人達の助けが必ず必要になります。

確実に学び立派な人材に育てる事が重要ですが、慣れない土地で生活する外国人のサポートも軽視できません。

健康な身体と精神があってこそ、学ぶ事に集中出来るのです。
技能実習指導者は教える事で手一杯でしょう。

こちらも大きな責任感を肩に背負って受け入れているのです。

カンボジアの技能実習生に関する情報が閲覧できます。

そこで指導者の家族を始め、近隣住民一体となって地域で外国人をサポートする試みも始まっています。

こちらのカンボジアの研修生に有効な知識の紹介です。

生活の中で自然に言葉を覚えられるように、声を掛け合い、孤独にさせない雰囲気作りをする。たったこれだけの事でも、見ず知らずの土地で一所懸命に頑張っている外国人には大きな救いであり、心の支えにもなります。

微妙に違う例えかも知れませんが、貴方が言葉も分からない国外へ始めて降り立った時、僅かな間でも1人っきりになった時の孤独感や不安に似た感情を、実習生は常に持ち続けて生活しているのです。


努力している実習生にエールを送るつもりで声を掛けて、地域に溶け込める環境を作っていくことが理想です。